RE-A-SON Research & Consulting

株式会社 レアソン

お問い合わせ

050-3807-2168
メールはこちら

会場調査(CLT)

当社サービスの特長

会場調査は、セントラルロケーションテストとも呼ばれ、あらかじめ設定した会場に、
対象者を集めて実施する調査で、実際に提示物を見てもらい、評価を得るのに有効な手法です。
対象者のリクルートは、事前に条件に合った層を選定し、指定した日時に来場してもらう場合と、
調査当日に、会場付近の街頭で通行者に調査を依頼する場合があります。

特徴と強み

会場調査では、実際に評価物を提示するので、具体的なマーケティング施策に対するユーザーの反応を、比較的短期間に、定量的に把握することができます。 他に実物を提示する調査手法としては、評価物を対象者に配送するホームユーステストなどがありますが、会場調査では配送不可能な大きなものの設営や、まだ試作段階で配布可能な状態にないものの提示も可能です。また、提示物の回収が確実に行えます。

レアソンの会場調査は、経験豊富なリサーチャーのもと、コントロールされた環境下で、調査設計から提示環境の維持・管理や、現場での回答データチェックを徹底して行います。また、調査員が自由回答の内容を確認し、不明瞭な点や回答の背景・理由を対象者にヒアリングし、掘り下げることで、豊富な情報を提供します。

その他、一部の対象者に別途許諾を得て、会場内でミニインタビュー(ビデオ撮影あり)を行うことも可能です。対象者の生の声の映像は、社内での情報共有・プレゼンの際に強力な説得材料として活躍します。

効果的な活用シーン

商品開発/広告・コミュニケーション開発など、さまざまなシーンで活用されています。

  • 商品のデザイン/パッケージ/ネーミング評価
  • 広告評価(新聞/雑誌/TVCMなど)
  • 販促物・POP評価
  • 新商品・サービスのコンセプト案評価
  • 製品UI評価/Webユーザビリティテスト