RE-A-SON Research & Consulting

株式会社 レアソン

お問い合わせ

050-3807-2168
メールはこちら

お知らせ

お知らせ

2015年9月29日

【自主調査】海外比較調査 赤道付近の若者意識

株式会社レアソン(本社:東京都港区、代表取締役社長:磯村英男)とGMOリサーチ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:細川慎一)は、バングラデシュ・モロッコ・ペルーに在住する15~29歳の男女を対象に、「お金の使い道」に関するアンケート(モバイル調査)を協同実施しました。

調査結果概要

3か国に共通して、自己への投資(「勉強・読書・自己啓発」)に意欲的です。 各国の特徴を見てみると、バングラデッシュはスマートフォン関連や服飾関係、家電製品等、モノの購入意欲が高いのが特徴で、モロッコはスマートフォン関連の他に、旅行や車関係への関心が高くなっています。一方、ペルーの若者は自己への投資の次に貯蓄への意欲が高いことが特徴で、実際に自己投資や貯蓄にもお金をまわしている様子も伺えます。
注:モバイル調査のため、スマートフォン・携帯電話関連への投資やその意向は高く出る傾向があります。

ファイルのダウンロード

こちらをクリックしてPDFファイルをダウンロードしてください

報道関係者からのお問い合わせ

株式会社レアソン リサーチ&コンサルティンググループ:春日
連絡先::お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

GMOリサーチ株式会社 コンサルティング営業部:畠山
連絡先:(電話)03-5459-5565