RE-A-SON Research & Consulting

株式会社 レアソン

お問い合わせ

050-3807-2168
メールはこちら

お知らせ

お知らせ

2015年9月29日

【自主調査】海外比較調査 若者にとって大切なもの

株式会社レアソン(本社:東京都港区、代表取締役社長:磯村英男)とGMOリサーチ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:細川慎一)は、アメリカ・スウェーデン・トルコに在住する15~29歳の男女を対象に、「自分自身にとって大切なもの」に関するアンケート(モバイル調査)を協同実施しました。

調査結果概要

「親・兄弟姉妹」と「健康」は3か国ともにとても大切なものの上位にあがっていますが、「友人」についてはスウェーデンでは2位、アメリカでは5位なのに対し、トルコでは最下位の10位でした。逆に、「国の繁栄」や「宗教・信仰」を大切に思う若者が多いのもトルコの特徴です。また、現在の自分自身について幸せと明確に回答する若者はトルコでは若干少なめとなっています。 一方、スウェーデンでは幸福感が高いと同時に、「国の繁栄」や「宗教・信仰」をとても大切と考える若者は少ないという結果でした。また、アメリカでは「精神的充実」をとても大切とする若者が多いなど、それぞれの国の事情・文化や生活ぶりを反映した結果となっています。

ファイルのダウンロード

こちらをクリックしてPDFファイルをダウンロードしてください

報道関係者からのお問い合わせ

株式会社レアソン リサーチ&コンサルティンググループ:春日
連絡先::お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

GMOリサーチ株式会社 コンサルティング営業部:畠山
連絡先:(電話)03-5459-5565